レーザー脱毛って?仕組みを知ればキレイになれる

特定の色に反応するレーザーを使用する

レーザーは、波長の長さによって、特定の色に反応するという性質を持っています。脱毛に使用されるレーザーは、黒色に反応するものを使用して、肌に照射すると黒い毛に吸収されます。毛に熱が発生し、毛から毛包全体に熱が伝わって、毛をつくりだす毛球部分にある毛母細胞という組織を破壊することができるんです。レーザーの照射を定期的に繰り返すことで毛が徐々に生えにくくなっていき、最終的には毛が生えてこなくなるんですよ。

色素沈着が起こっているところには難しい

レーザー脱毛は、黒いものに反応するという特徴を利用した施術です。そのため、色素が濃い乳首や性器、肛門といった場所やホクロやシミ部分には照射することができない場合があるんです。照射することで、やけどなどの肌トラブルが起こってしまう可能性があるからなんですね。ただ、色の薄いシミやそばかす、ほくろなどにレーザーを照射するとキレイになくなることもあるそうです。色素沈着が濃い部分やシミ、ほくろのある部分への施術は事前に相談することが大切です。

産毛やヒゲの脱毛は難しい

レーザー脱毛は医療機関でしか行われない施術で、現在、アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーが主流になっています。これらのレーザーは、男性のヒゲのように狭い部分に密集している太い毛や、メラニン色素の少ない産毛には効果が弱いという特徴があります。そのため、これらのレーザーでは、十分な脱毛効果が得られないことがあります。近年では、ヤグレーザーというヒゲや産毛にも適したレーザーが使用されてきているので、ヒゲや産毛を脱毛したい場合はヤグレーザーを使用している医療機関を選ぶと安心ですよ。

医療レーザー脱毛ならば痛みがない上に、きれいに処理してもらえますので、初めての方でも安心しておすすめできます。

詳しくはこちら
医療レーザー脱毛なら銀座の方はこちら

皮膚のトラブル解決にも繋がる!脱毛の様々な効果

男性に出来やすい埋没毛にもレーザー脱毛は効果がある

レーザー脱毛は皮膚から飛び出て目立ってしまっているムダ毛だけでなく、皮膚から出ていない段階のムダ毛にも効果を発揮してくれます。普段から毛をよく剃っている人の中には、皮膚から出ない状態のまま毛が伸びてしまう、埋没毛という症状を患っている人も多いことでしょう。その埋没毛というのは黒いホクロの様に見えてしまうだけでなく、皮膚の中で炎症を起こす可能性もあるものです。だからこそ埋没毛の様な症状が皮膚に表れた場合は、レーザー脱毛で早い内に処理をしておく事がオススメですよ。

お尻の毛を抜く事で毛巣洞という病気も防げる

お尻にムダ毛が生えているという方は、毛巣洞という病気を患う可能性に注意をして脱毛を受けてみてください。これも埋没毛などと同じく、お尻の皮膚の中に毛が埋もれる事で発症してしまう病気であり、普段から椅子などに座りっぱなしの時間が長い人が患う事が多いです。この病気の恐ろしいところは、皮膚が炎症を起こす事で穴が開いてしまい、お尻の骨まで見えてしまう事もあるところで、手術後は一週間近くもうつ伏せで過ごす事になる場合もあるのです。この様な病気を患わない雨にも、お尻のムダ毛は早い内に脱毛をしておくべと考えましょう。

プロの脱毛は毛穴のトラブルを防いでくれます

プロの手による脱毛というのは皮膚に優しい施術を心がけてくれるもので、毛を抜いた後の皮膚のケアがしっかりしているところで安心させてもらえますよ。普段から脱毛後はしっかり毛穴を洗っているつもりの方も、プロの洗顔テクニックの丁寧さを見れば驚かされるはずです。ニキビの原因菌などが毛穴に入り込んでしまわない様に、どこまでも丁寧に毛穴を綺麗にしていくテクニックをチェックするつもりでも、脱毛を受けてみるのがいいでしょう。

医療脱毛の大きな利点は医療機関で行われることで、アフターケアが充実していることです。やけどや肌トラブルなど、いざという時に適切な対処をしてもらえるのは重要な点です。

関連サイト