MRI検査で判る疾患とはどんな病気があるのか?

MRIってどの様な検査なのか

MRIはX線やCTと違って磁場コイルの電源をオン・オフを繰り返して撮影するので工事現場のような音がします。乳幼児ではあまり使用されない検査方法ですがCTやX線検査でも発見できないような小さな病変を見つける事が出来るので頭部などの動静脈の奇形や脳腫瘍などの検査で使用されます。トンネル型を思い出す方も多いと思いますが、狭い場所や閉じ込められる感覚が苦手な人も多く開放感のあるオープンタイプのMRIも開発されています。

脳梗塞の診断に活用されている?

脳梗塞の確定診断でMRIやCTなどの画像診断は有効とされていますが、以前はその脳梗塞が古い物か、出来立ての急性期の脳梗塞か判断できませんでした。現在は拡散強調画像診断法によって注意するべき急性期の脳梗塞かどうか判断出来るので医学の進歩は非常に早く感じます。人間ドッグで発見された無症候性の脳梗塞を早期に発見する事で、早期に危険因子を治療できるメリットがあります。脳梗塞になりかけている病態も発見できるので救える命が増えるのです。

CTとMRIの違いって?

CTは麻痺が起こって1時間以内の頭部画像診断で出血を確認でき有効な検査方法ですが、MRIは条件を変えて様々な撮影が可能だと言う点でCTと違いがあります。水を黒に脳を黒に写すT1強調画像法や白黒逆にしたT2強調画像法・病変をはっきりと撮影できるフレア法・新しい病巣を判断しやすい拡散強調画像法の4種類の条件で撮影できます。MRIの短所は体内に金属(入れ歯も含めて)を入れていると検査できずペースメーカーを入れている方も出来ない事が挙げられます。

RO装置とは、逆浸透膜濾過技術を使用した装置であり、不純水に圧力をかけて半透膜を透過させることで、ダイオキシンや環境ホルモンなどの有害物質を高いレベルで除去することが可能です。医療機関では純水が必要となるケースが多いため、病院などでよく導入されています。

がんになったらどうすればいいの?効果的な治療方法
家庭で手軽に脱毛!脱毛器の選び方を確認しよう