1度はやってみたい脱毛!そんな脱毛の心配を解決!

脱毛って痛みを感じるの?

脱毛というと痛みが強いというイメージがありますが、実際のところはどの程度の痛みなのでしょう。脱毛はむだ毛の太さ・濃さ・量に応じて痛みの感じ方が違うと言われているのです。むだ毛の量が多い・濃い・太い人は痛みを感じやすいと言われていますが、痛みの程度としてはパチンとゴムを弾かれた時の痛みと言われています。脱毛の施術回数が多くなるほどむだ毛が徐々に減っていくため、痛みを感じにくくなると言われています。痛みを感じる場合には、脱毛機械のパワーを弱めることもできるため、安心して施術がうけられるという安心感があるのです。

脱毛って何回くらい必要?

脱毛をする時何回くらい通えばむだ毛がなくなるのでしょう。むだ毛を感じなくなる最低回数は6回といわれています。むだ毛の質・施術部位によって脱毛回数は異なりますが、最低でも6回の施術でむだ毛が気にならなくなると言われています。もちろん6回未満でむだ毛を感じなくなる人もいるため個人差があるのです。脱毛の施術回数を増やせば増やすほどむだ毛が生えているのかどうかわからない状態・むだ毛が全く生えない状態となるため、施術部位に応じてサロンの方と相談するとよいでしょう。

脱毛の際に気を付けることって?

脱毛の際に気を付けることはどのようなことでしょう。脱毛を行う前には日焼けに注意する必要があります。脱毛機械は黒い色素に反応してむだ毛を根元から崩壊するのですが、日焼けをしていると機械をあてたときにやけどのような痛みを感じることがあるため日焼けをしている場合には最低でも3ヵ月間の間をあけてから脱毛をおこなうようにしましょう。脱毛後、日中であれば日焼け止めクリームで肌を守り、その日は血液循環のよくなることを控えることが大切であり、お風呂に長くつかることはせずシャワーで済ませる、激しい運動をしない、飲酒を控えるといったことに気を付ける必要があります。血液循環がよくなってしまうと湿疹などの原因となるため注意が必要です。

全身脱毛の口コミは、全身脱毛を受ける前には参考にする事が出来る情報です。口コミから様々な情報を集める事が出来ます。


知って得する?CTスキャン検査について学ぶ!

CTスキャンとは何?

CTスキャンとはコンピューター断層撮影の事でX線で体の横断図(輪切り状態)を見る事が出来ます。技術が進み、横断図だけでなく様々な断面図で撮影出来るようになり3Dで撮影できる機種もあります。撮影された映像にはX線が通りにくい骨などは白く、空気などX線が通過しやすい部分は黒く映ります。血管や病巣が正確に判る様に造影剤を使用する事がありますが喘息やアレルギーがある場合は注意が必要です。検査時間も5~10分程度になります。

上手なCTスキャン検査の受け方

撮影前日に指示があった場合のみ食事など制限がありますが、検査部位が食事に影響されない部位であれば指示がない場合もあります。検査の際にガントリーと呼ばれる円筒状の装置に仰向けになって検査を受けますが動かないようにする為に撮影時は息を止めるように指示されます。検査中に気分が悪くなったり、体に痒みがある時にはマイクが付いているので会話が可能ですから伝えても問題ありません。X線の被爆による発ガンの可能性を心配する声がありますが医療で使用されるX線量は少量で、妊娠中など注意すべき人はいますがタバコなどの日常的なリスクと同等になります。

CTスキャンで判る病気とは?

撮影する部位によって判断できる病気は違いますが頭部なら脳梗塞や脳腫瘍・胸部なら肺がんや肺気胸・結核になり、腹部では肝臓・胆嚢胆管・膵臓・胃などから幅広く骨盤部では前立腺・子宮・膀胱などを診る事が出来ます。但し限界もあり病変の大きさの確認や造影剤使用の有無で小さい病変の発見などは難しいです。検査する場合は精密検査の部類に入りますので、どこが悪いか判らない状態で行う検査ではないので医師から説明を受けます。

医療用水設備は外部から異物が混入しないように衛生管理には細心の注意を払う必要があります。特に水の出し入れや設備の点検の際には、事前に周囲の清掃を済ませて清潔な状態を保つことが大切です。